芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ
明治・大正・昭和の
華やかな日本の文化を筆にとどめた谷崎潤一郎。

彼が愛した芦屋の地に、1988年にできた谷崎潤一郎記念館は、
現在も芦屋の人々に親しまれています。

時代のうつろいとともに、ゆったりと流れる時間を
この芦屋の地で過ごしてみませんか…
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-15
TEL 0797-23-5852
FAX 0797-38-3244
最新情報
開館30年 冬の通常展「谷崎潤一郎 人と作品」 特設展示「グラビア~作家谷崎の横顔~」 2018年12月15日(土)~2019年3月24日(日)
谷崎館講座受講生作品展
 初めての日本画展 2/6(水)~11(月祝)
 仏画展 2/14(木)~17(日)
 スケッチ展 2/20(水)~24(日)
 白磁上絵付け展 2/27(水)~3/3(日)
 絵手紙展 3/6(水)~10(日)
赤井稚佳 柴崎友香作「待ち遠しい」を描く
2019年3月13日(水)~24日(日)
「倚松庵用箋」レターセット販売
2月、3月、4月の休館日 2/25(月)、 3/4(月)、3/11(月)、3/18(月)、3/25(月)~4/12(金)、 4/15(月)、4/22(月)
資料閲覧について  記念館発行・資料集のご紹介
更新 2019/2/19
© Tanizaki Junichiro Memorial Museum of Literature,Ashiya.