芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ
 

 
 
春の特別展 「和らんまん」
 〜谷崎の愛した絵画、工芸、着物〜
2017年3月25日(土)〜6月25日(日)
ロビー展 文豪ストレイドッグス展 第2弾!
4月26日(水)〜6月25日(日)
 
 
 
展示室 ロビーギャラリー展示
期間 展示内容
春の特別展
「和らんまん〜谷崎の愛した絵画、工芸、着物〜」
3/25(土)〜6/25(日)
3/25(土)〜4/23(日) 牧田 悠有 書展 〜壺中への誘い〜
4/26(水)〜6/25(日)  文豪ストレイドッグス展 第2弾! 
6/26(月)〜6/30(金)
展示入替のため休館
・休館日は月曜日です。月曜日が祭日の場合は翌日が休館となります。
・予定は変更される場合があります。
 
 
 【第31回残月祭】 羽田圭介講演会   前売券販売中
 【第31回残月祭】 羽田圭介講演会
   「谷崎がとっくにやってしまっている」


 谷崎潤一郎の生誕を記念して毎年7月24日に開く「残月祭」。今年は2015年に芥川賞を受け、同時受賞した又吉直樹さんと並んで一躍注目の存在となった作家の羽田圭介さんを講師に迎えます。「メタモルフォシス」(2014年刊)などの作品で谷崎を思わせる濃密な世界に迫った羽田さんが、自身の作家としての歩みと谷崎文学のかかわりを率直に語ります。

 ■日 時 2017年7月24日(月)14:00〜15:30
              (午後1時開場)
 ■場 所 芦屋ルナ・ホール
         (兵庫県芦屋市業平町8-24)
 ■定 員 600人
 ■入場料 3,500円(前売券3,000円)

■講師略歴
 羽田圭介(はだ・けいすけ) 作家 1985年東京都生まれ。17歳の時「黒冷水」で文芸賞を受賞してデビュー。2015年、要介護の祖父とその面倒を見る無職の孫の関係を見つめた「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞を受賞、以降テレビ出演などでも人気を集める。著書に「コンテクスト・オブ・ザ・デッド」「成功者K」ほか。

 当日、会場で羽田さんの著書を販売します。ご購入の方を対象に講演後、サイン会を行います。

※前売券は芦屋市内の下記3か所で販売中です。
 ・芦屋市谷崎潤一郎記念館(阪神芦屋駅南東徒歩15分:月曜休み)
 ・大利昭文堂(阪急芦屋川駅南すぐ:日曜休み)
 ・グリル業平(芦屋ルナ・ホールに隣接:火曜休み)

※または谷崎記念館に電話、ファクスまたはメールで @〒住所A氏名(ふりがな)B電話番号(ファクスの方はファクス番号も)C参加人数をお知らせください。 振込方法をお知らせし、入金を確認した後に前売券をお送りします。


お問い合わせ・申込み芦屋市谷崎潤一郎記念館
〒659-0052 芦屋市伊勢町12−15
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244 メールフォーム

〒住所・氏名(フリガナも)・電話番号・参加人数をお知らせください。
 【絵手紙一日体験講座】   「風流竹うちわを作ろう」
 絵筆を持つのは初めてという人でも簡単にできる絵手紙の体験教室です。谷崎館で「絵手紙講座」を担当する坪田千鶴子先生が、夏らしい絵柄の 竹うちわの作り方をお教えします。先着12名様には毛筆をプレゼント! 蒸し暑い日本の夏は涼やかな竹うちわで心地よく過ごしませんか。

 ■日時 2017年7月28日(金) 10:00〜12:00
 ■場所 当館講義室
 ■講師 坪田千鶴子・日本絵手紙協会公認講師
 ■定員 12人(先着順、要申込み)
 ■受講料 1000円(入館料、材料費込み)
 ■持ち物 講師が材料を用意します。手ぶらでお越しください。

お問い合わせ・申込み芦屋市谷崎潤一郎記念館
〒659-0052 芦屋市伊勢町12−15
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244 メールフォーム

氏名(フリガナも)・電話番号・参加人数をお知らせください。
 記念館図録 「谷崎潤一郎―人と文学」紹介

 「痴人の愛」「春琴抄」「細雪」などの作品で日本近代文学に物語の豊饒さをもたらした作家、谷崎潤一郎(1886〜1965年)の全体像を紹介する図録を販売しています。

 内容は東京・日本橋での幼少期から東京大学在学中の「刺青」による鮮烈なデビュー、関東大震災をきっかけとした関西への移住、日本の伝統文化への目覚め、「源氏物語」の現代語訳、老人の性愛を描いた晩年まで、実生活の歩みと文学の変遷をほぼ年代順にたどるものです。

 遺品や生原稿、書簡など豊富な資料の写真をはじめ、谷崎家系図、阪神間転居の跡を示す地図、年譜なども収録した見て楽しい一冊となっています。これから谷崎を読む人には分かりやすい読み物として、谷崎に詳しい愛読者や研究者にとってはハンディな手引きとして役立てていただけることでしょう。

『谷崎潤一郎─人と文学』
B5判 70ページ カラー
執筆・編集 芦屋市谷崎潤一郎記念館学芸員 永井敦子
監修 同記念館副館長 たつみ都志
発行 武庫川女子大学出版部
定価 1000円(税別)

申し込み方法
谷崎記念館で直接お買い求めください。または下記の連絡先に電話、ファクスまたはメールで、
@冊数 A住所 B氏名 C電話番号(ファクスで申し込む人はファクス番号も)を書いてお送りください。図録と郵便振替用紙をお送りします。送料(1〜2冊の場合82円)と郵便振替手数料はご負担いただきます。

お問い合わせ 申し込み 芦屋市谷崎潤一郎記念館
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244 メールフォーム
 トライやる・ウィーク  芦屋市立山手中学校 生徒さん撮影  2017年6月6日〜10日


生き方

ある日
 トライやる・ウィーク  芦屋市立精道中学校 生徒さん撮影  2017年5月30日〜6月3日

あの場面をもう一度

お庭は癒しの空間

マンガのシーンも

ようこそ記念館へ

文官石人がおでむかえ
 
トップページへ   上へ戻る
© Tanizaki Junichiro Memorial Museum of Literature,Ashiya.