芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ
谷崎潤一郎記念館ではロビーギャラリーをはじめ、多々イベントを開催いたしております。
是非皆様お誘いあわせのうえ、お越し頂けます様宜しくお願い申し上げます。
最新ニュース・ご案内
 文豪ストレイドッグス展 第2弾!


 近代文学の文豪をモデルにしたキャラクターたちが活躍する人気のコミック/アニメ「文豪ストレイドッグス」 (原作・朝霧カフカ、漫画・春河35、発行・株式会社KADOKAWA)。2016年10〜11月に行ったコラボレーション展が好評をいただいたのに応え、第2弾を開催します。 4月に発売される最新のコミック単行本第12巻や、昨年秋にテレビ放送された第2期アニメのシーンをパネルでお見せするほか、 漫画家の春河35さんが新たに描き下ろした谷崎とナオミのオリジナルイラストを展示するなど、内容も新たにお届けします。

 「文スト」と呼ばれる同作は、2013年にコミック誌「ヤングエース」で連載がスタートして以来人気を高め、2016年4〜6月と10〜12月にテレビアニメが放送されてブームになりました。 現代のイケメン青年として描かれた文豪たちが、それぞれの文学作品にちなんだ「異能力」を駆使してバトルを繰り広げるという内容が、主に10〜20代の女性ファンを魅了しています。

 コラボ展の第2弾では谷崎潤一郎だけでなく、芥川龍之介、江戸川乱歩、泉鏡花など人気キャラクターの活躍シーンをふんだんに紹介するとともに、 現実の文豪たちの人間関係を分かりやすく展示します。さらに文豪の実像をもっと知りたい人のために、関連講座「リアル文豪物語」もご用意しました。 「文スト」では敵同士の谷崎と芥川が現実では親友だったこと、「文スト」で兄妹という設定の谷崎とナオミの実際の関係など、ストーリーがより楽しめる内容になっています。


会  期: 2017年4月26日(水)〜6月25日(日)
開館時間: 10:00〜17:00(入館は16:30まで)
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー
入館料 : 一般400円 大・高生300円 中・小生無料
 ※団体料金(20人以上)は2割引き
 ※65歳以上および身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、並びにその介護者1名は半額
休館日 ; 月曜日

関連講座「リアル文豪物語」
 「文スト」に登場する文豪ってホントはどんな人!? 彼らの意外な実像と知られざる関係を分かりやすくレクチャーします(高校生以上向け)。

第1回「親友?論敵? 芥川VS谷崎」
日  時: 2017年5月14日(日)14:00〜15:00
講  師: たつみ都志・武庫川女子大学名誉教授(日本近代文学)
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 講義室
定  員: 30人(要予約)
参加費 : 1000円(入館料込み)


第2回「愛か服従か? 谷崎とナオミ」
日  時: 2017年5月21日(日)14:00〜15:00
講  師: 井上勝博・当館学芸員
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 講義室
定  員: 30人(要予約)
参加費 : 1000円(入館料込み)


第3回「乱歩と谷崎、日本のミステリー」
日  時: 2017年5月28日(日)14:00〜15:00
講  師: 永井敦子・当館学芸員
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 講義室
定  員: 30人(要予約)
参加費 : 1000円(入館料込み)



お問い合わせ・申込み芦屋市谷崎潤一郎記念館
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244 メールフォーム

講座名・氏名(フリガナも)・電話番号・参加人数をお知らせください。


描き下ろしイラストのクリアファイルを販売
3種類の谷崎のクリアファイルを当館限定で販売! 300円(税込)
         お一人様一種類につき5枚まで(入館者のみ)

@A4サイズ 2017年芦屋市谷崎潤一郎記念館描き下ろし


AA4サイズ 2016年芦屋市谷崎潤一郎記念館描き下ろし



AA5サイズ 2016年芦屋市谷崎潤一郎記念館描き下ろし


©2016朝霧カフカ・春河35/KADOKAWA/文豪ストレイドッグス製作委員会
©2017朝霧カフカ・春河35 発行:株式会社KADOKAWA
 
最新ニュース・ご案内
「万葉の恋」展 藤田朱雀・松本艸風

古代人のこころを今に伝える「万葉集」から代表的な恋の歌を選び、料紙や帯などに散らし書きした書と篆刻の作品展です。 流麗な仮名文字を専門とする書家で、「万葉の四季―和歌を学び、書を楽しむ」などの著書のある武庫川女子大学教授の藤田朱雀氏と、 篆刻で活躍中の松本艸風(そうふう)氏。いつの時代も変わらない恋の歓びと哀しみにふれてみてください。


会  期: 2017年7月1日(土)〜7月30日(日)
開館時間: 10:00〜17:00
(入館は16:30まで、最終日15:00まで)
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー
入館料 : 一般300円 大・高生200円 中・小生無料
 ※団体料金(20人以上)は2割引き
 ※65歳以上および身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳をお持ちの方、並びにその介護者1名は半額
休館日 : 月曜日(17日は開館し18日休館)


ギャラリートーク「万葉びとの恋模様」
   樋口百合子・藤田朱雀・松本艸風
藤田朱雀と松本艸風が作品制作のパフォーマンスを行うほか、展示作品を収録した書籍「万葉の恋―和歌を学び、書と篆刻を楽しむ」(淡交社刊) の共著者の樋口百合子氏(日本文学研究者)をゲストに迎え、三人が「万葉集」の楽しみ方を分かりやすく解説します(要入館料)。

日  時: 2017年7月2日(日)14:00〜15:30
会  場: 芦屋市谷崎潤一郎記念館 講義室
定  員: 30人(予約優先)



お問い合わせ芦屋市谷崎潤一郎記念館
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244 メールフォーム

氏名(フリガナも)・電話番号・参加人数をお知らせください。
 
   
トップページへ 上へ戻る
© Tanizaki Junichiro Memorial Museum of Literature,Ashiya.