芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ
明治・大正・昭和の
華やかな日本の文化を筆にとどめた谷崎潤一郎。

彼が愛した芦屋の地に、1988年にできた谷崎潤一郎記念館は、
現在も芦屋の人々に親しまれています。

時代のうつろいとともに、ゆったりと流れる時間を
この芦屋の地で過ごしてみませんか…
〒659-0052
兵庫県芦屋市伊勢町12-15
TEL 0797-23-5852
FAX 0797-38-3244
最新情報
春の特別展「和らんまん〜谷崎の愛した絵画、工芸、着物〜」 2017年3月25日(土)〜6月25日(日)
ロビー展示 牧田 悠有書展
2017年3月25日(土)〜4月23日(日)
新講座「英語で読むクマのプーさん」
新講座「初めての日本画」
新講座「こころを伝える絵手紙講座」
新講座「たつみ都志が教えるスピーチのコツ」
※2/17(金)〜4/2(日)は、池の工事のため庭園の散策ができなくなります。来館者の方々にはご不自由をおかけいたしますが、なにとぞご了承のほどお願い申し上げます。

※新スタッフ募集
谷崎潤一郎記念館では受付と事務作業を行うスタッフを募集中です。会計経験者を優先いたしますが詳細は当館までお問い合わせください。
3月、4月の休館日 3/27(月)
4/3(月)、4/10(月)、4/17(月)、4/24(月)
当記念館での資料閲覧について   記念館発行・資料集のご紹介
更新 2017/3/25
© Tanizaki Junichiro Memorial Museum of Literature,Ashiya.