芦屋の文化と歴史を文学の視点で綴る・谷崎潤一郎記念館へようこそ
谷崎潤一郎記念館ではロビーギャラリーをはじめ、多々イベントを開催いたしております。
是非皆様お誘いあわせのうえ、お越し頂けます様宜しくお願い申し上げます。
最新ニュース・ご案内
谷崎館講座受講生作品展


 当館のカルチャー教室受講生の皆さんが、2020年1月29日~3月8日までの約1か月間、日ごろの研鑽の成果を講座ごとにお見せします。 会期をお確かめの上、ぜひご観覧ください(要入館料)。


絵手紙展
会期:2020年1月29日(水)~2月2日(日)

「しあわせを呼ぶ絵手紙」「こころを伝える絵手紙」講座のみなさんが、「四季の宴」をテーマに合同展を開きます。 指導は日本絵手紙協会公認講師の坪田千鶴子先生。


仏画展~癒しの仏画を描きましょう~
会期:2020年2月5日(水)~9日(日)

優しく穏やかな仏さまの表情は、見る人の気持ちまでも安らかにさせてくれます。仏画師範の阿藤無華先生の指導の下に、 技と心を磨いて仕上げた作品のかずかずをご覧ください。


初めての日本画展
会期:2020年2月12日(水)~16日(日)

 「源氏物語絵巻」をはじめ和の美の粋を模写することによって、日本の美意識を身につけてきたみなさんが、 これまでの成果をご披露します。講師は日本画家の長谷川透先生。



俳句展
会期:2020年2月19日(水)~24日(月祝)

 「谷崎潤一郎ゆかりの庭園で『俳句講座』」の黒川悦子先生と
 「季語から始める俳句レッスン」の倉橋みどり先生の指導の下、受講生のみなさんが日々の感動を詠みます。初コラボレーションの俳句講座作品展をご堪能ください。



スケッチ展
会期:2020年2月27日(木)~3月8日(日)

水曜(第2・4週)と金曜(第1・3週)に開いている透明水彩画教室の合同展。それぞれの個性を生かした水彩画の魅力をお楽しみください。
3月8日(日)午後1時から3時まで、講師の井上正三先生のトークもあります(要予約、入館料のみ)。
※上記3月8日(日)の井上先生のトークは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。 ご理解・ご了承くださいますようお願いいたします。

開館時間:10:00~17:00 (入館は16:30まで、各会期の最終日は15:00まで)
 月曜休館(2月24日は開館し25日休館)
会場:芦屋市谷崎潤一郎記念館 ロビーギャラリー
入館料:一般300円 大・高生200円 中学生以下無料
 ※団体料金(20人以上)は2割引き
 ※高齢者(65歳以上)および身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳をお持ちの方、ならびにその介護の方1人は半額



最新ニュース・ご案内
ロビーパネル展 「文豪の顔~陰翳の肖像~」

文壇デビュー頃の谷崎

晩年の谷崎

 写真を撮ることも、撮られることも好きだった谷崎潤一郎。 79年に わたる人生、「文豪の顔」に浮かび上がる光と陰は何を語る?


会期:2020年4月16日(木)~6月7日(日)
(最終日は、15時まで)
   
トップページへ 上へ戻る
© Tanizaki Junichiro Memorial Museum of Literature,Ashiya.